Smith Memorial Hall スミス記念堂について

スミス記念堂とは?

スミス記念堂は、昭和6年に日本聖公会彦根聖愛教会のアメリカ人牧師で、彦根高等商業学校(現・滋賀大学経済学部)の英語教師でもあったパーシー・アルメリン・スミス氏が両親を記念し、感謝する思いと日米両国の人々の基督教を通じた交流を願って多額の自己資金を投じ、日米双方からの醵金により、彦根城の旧・中濠端(現・外濠)に建設された和風礼拝堂です。
この建物は、彦根の宮大工である宮川庄助氏の協力で施工されました。建物の花頭窓・唐破風・屋根などは、借景となっている彦根城をモチーフにしたものであり、「和」を基調としつつも、東西の様式が渾然一体となった独特の雰囲気を醸し出しています。正面の観音開きの扉には、葡萄の蔓が巻き付いた十字架や松竹梅の文様が彫られており、釘隠し・欄干・瓦など、純日本風建築の中に西洋の意匠が違和感なく溶け込んでいます。
平成8年、都市計画道路の拡幅工事により取り壊し寸前であったこの建造物は、移築活用を願う「スミス記念礼拝堂を彦根に保存する会」により解体保存され、「特定非営利活動法人スミス会議」(平成15年6月設立)へと思いが引き継がれました。現在のスミス記念堂は、彦根の各界各層有志の多額の醵金と、彦根市の協力により、平成18年12月7日に再築されたものです。

所在地と開館時間

所在地

〒522-0064 滋賀県彦根市本町三丁目
スミス記念堂は、土曜日・日曜日10:00〜16:00まで開館しています。
(12月〜2月は休館となります)

ご利用にあたって

スミス記念堂は彦根の近代化遺産です。私たちはこの大切な文化財を、新しいツーリズムの場として、多くの方のご利用を願うものです。
スミス記念堂の利用にあたっては、下記の条件を守っていただくことが必要です。なお、堂内にはトイレはありません。また、月曜日は休館です。

利用申し込み

  1. 利用予定日の原則として3ケ月前の同日から15日前までにお申し込み下さい。
    利用の目的及び内容について、検討させていただき、申込み日より3日以内に利用していただけるかどうかをご返答いたします。
  2. 利用申込の用紙は、事務局(彦根市本町2-3-3、北風寫眞舘内)にありますので、それにご記入下さい。あらかじめ、利用予定日について、電話(0749-24-8781、10:00〜17:00)での確認をいただくと幸いです。電話連絡の際に既に利用予定となっている場合には、その時点でお申し込みをお断りさせていただきます。
  3. 同一団体による利用については、13日を超えて(翌々週の同曜日)からでないと利用できません。

利用当日

  1. 利用当日には、記念堂管理者に利用許可書を示し、管理者の許可を得てから利用を開始してください。
  2. 利用時間を厳守してください。利用時間は午前10時から午後4時までとします。なお、利用時間には、搬入・準備・後片付け・搬出を含めます。
  3. この建物は、登録文化財ですので、記念堂内外において、壁 ・柱・ガラス等に、ポスター・チラシなどを掲示してはなりません。また、釘類・押しピン・セロハンテープなどの使用も禁止いたします。
  4. 利用終了時には、利用前の原状に復してください。
  5. 飲食は禁止いたしますが、ペットボトルによって提供される飲み物は認めます。
  6. ゴミ等は利用者自身が持ち帰ってください。
  7. 利用終了後は、管理者の確認を受けてください。

賠償等

  1. 建物・設備・備品を損傷したり、滅失した場合には、その程度において 賠償していただきます。

利用料

展示・ホール貸しについては、以下の金額とします。

個展等での利用 5,000円 / 日
3,000円 / 半日

半日とは、10:00〜13:00または13:00〜16:00とします。
冷暖房使用料100円 / 時間
利用料は、事前にお支払いいただきますが、お支払いのない場合には、利用許可は取り消されます。

(2007.06.01施行・2007.06.15修正)