About Smith Meeting スミス会議とは?

NPO法人 スミス会議について

NPOは、Nonprofit Organizationの略で、民間で運営する「非営利組織」のことをいいます。 「非営利」とは利益を上げないということではなく、利益があがっても構成員に分配せず、運動の目的を達成するための費用として充てます。 利益を得ることを目的とする企業に対し、 NPOは社会的な使命を達成することを目的とした組織なのです。 NPO法人スミス会議は、文化財的価値を有する建築物及び構築物の調査、保存、再築及び維持、啓発活動などを目的とし、再築されたスミス記念堂の利活用に傾注しております。


NPO法人 スミス会議 事務局

〒522-0064
滋賀県彦根市本町2-3-3 北風寫眞舘内
TEL: 0749-24-8781 / FAX: 0749-27-2621

スミス記念堂保存会の歩み

平成8年8月市の道路拡幅工事のため、解体の危機に直面する。
滋賀大学『月報』でスミス記念礼拝堂が紹介され、保存が訴えられる。近江同盟新聞ほか各紙でスミス記念礼拝堂の保存を訴える記事掲載。
平成8年9月市議会で保存を訴える質問がなされる。市は建築保存はせず図面等の記録に留めると回答。
平成8年10月滋賀大学経済学部教官が署名運動(50名以上)、市長に保存活用要望を提出。学生紙「陵水新聞」で特集、学生も運動に加わる。
平成8年11月建物見学会、建築家による説明会開催。一般市民も保存運動に加わる。市議会では全会派が賛同。大学人・市民等によって「スミス記念堂を彦根に保存する会」結成。教会側も保存運動に賛同し、スミス記念堂の建物・附属備品・植栽一切を保存する会に無償譲渡する。移築のための募金活動開始。
平成8年12月チャリティーコンサート開催。市議会でスミス記念堂の保存活用を求める提案がなされる。市は9月の回答を撤回、一時的保管地と恒久的移築地の提供を約束。
平成9年1月保存する会は記念堂を一時解体し、市提供の保管地へ収納。この時点で募金は約500万円。
平成9年5月松波秀子氏を招いて「まちづくりフォーラム」開催。
平成9年10月運動のアピールと募金活動、移築候補地の検討を継続
平成11年4月市に対して移築後の利用計画、管理方法を提示。
平成11年8月市は移転地候補として俳遊館隣地を提示。
平成11年9月保存する会、市提案を検討開始。
平成12年彦根の有志が他の和風建築の保存活用運動を展開。その和風建築敷地内に記念堂の移築を検討するも断念。
平成13年6月歴史系学会京都民科歴史部会で、スミス記念堂の保存活用とまちづくりについて報告
平成13年8月市立病院跡地利用検討委員会がスタート
平成13年10月上記委員会に記念堂の跡地での活用を提案し、俳優館隣地移転を辞退。史談会・ワイズメンクラブ主催の講演会で講演。
検討委員会で市内3団体も記念堂の市立病院跡での移築活用に賛同。
平成14年2月17日最終検討会の答申書に跡地にスミス記念堂移築がカッコ書きで明記さる。
平成14年2月18日近江同盟新聞「跡地の一角にスミス記念堂移築見通し濃厚」と報じる。
平成14年10月滋賀大学観光まちづくりフォーラム及び滋賀環境ビジネスメッセでスミス記念堂の保存活用によるまちづくり運動が報告さる。募金は約900万円に達する。
平成15年4月彦根市の経済人有志と保存する会が合同し、NPO団体結成に向けて協議開始。
平成15年6月14日スミス記念堂の保存活用を核としたまちづくりNPOスミス会議設立総会開催。
平成15年7月9日滋賀県へNPO設立認証申請書を提出。
平成15年9月18日滋賀県知事からNPO法人の認証を得る。
平成15年10月26日スミス会議NPO認証記念オープンセミナーを開催
平成16年6月15日彦根市長が、市議会において旧彦根市立病院看護婦宿舎跡地でのスミス記念堂の移築活用を表明。
平成17年11月25日彦根市「市有財産審議会」において、看護婦寮跡地のNPOスミス会議への貸与が正式に決定。
念願の彦根城堀端での再築であり、平成19年国宝・彦根城築城400年祭に時期を合わせての完成を目指すことになった。
平成17年12月5日「文化遺産を未来につなぐ森づくりのための有識者会議」(京都)シンポジウムにスミス会議から15名出席。
平成17年12月20日彦根市との間で締結する「土地使用貸借契約書」に理事長印を押印の上、彦根市に提出。起工式を2月4日に行うことで決定した。
平成18年1月11日建築請負契約の締結。請負工事人 (株)西澤工務店
平成18年2月4日スミス記念堂起工式
平成18年3月7日第1回スミス記念堂復元再建工事打合せを現場事務所で開催。
平成18年5月2日再築現場に看板を設置。
平成18年7月2日スミス記念堂上棟式
平成18年8月26日第3回通常総会を開催。
平成18年10月7日スミス記念堂再築現場見学会を開催。
平成19年3月25日スミス記念堂竣工式
平成19年9月21日スミス記念堂、登録有形文化財(建造物)として登録される。
平成20年7月10日国の登録有形文化財登録記念講演会を開催。
講師: 株式会社 西澤工務店 代表取締役社長・NPO日本伝統建築技術保存会会長 西澤政男氏 / 大阪府特別顧問 橋爪紳也氏
平成21年9月27日井伊直弼と開国150年祭市民創造事業「スミス記念堂のカメラオブスキュラ」開催。9月から月1回、11月までの計3回。
平成21年12月25日スミス記念堂再築資金完済式